イタチ退治で害獣被害を防ごう~対策ナビ~

女性作業員

危険な害獣

house

イタチは害獣として扱われることもある動物です。イタチは、かなり動きが早いため捕獲しにくいといわれています。見つけた際はできるだけ業者に頼んで退治を依頼するといいでしょう。

詳しくはこちら

害獣被害を防ぐ方法

作業員

アライグマやイタチなどの害獣と扱われることもある生物は住宅などに住み着いてしまうと大きな問題を発生させることもあるため許可があれば退治することも可能です。イタチの退治方法の一つとして、臭いの強い忌避剤を活用する方法があります。というのもイタチはかなり嗅覚が敏感なため、強い臭いを持った忌避剤をかなり嫌がります。このため、そのような忌避剤の効果によりイタチを退治することもできるのです。忌避剤を広範囲に活用すれば、イタチがどこに隠れていても住宅には住み着きにくくなります。ただ、基本的に忌避剤などはイタチの出入り口となるところに用意することが多いです。忌避剤を活用せずに、捕獲用の罠を活用するところもあります。イタチを捕獲する際にかなりイタチが暴れますが、それでもイタチを逃がすことなく捕獲できる罠も登場しています。罠を用意するときは業者に依頼することが大切といえます。イタチはあくまで被害が無いことには害獣として認められず駆除することはできません。このため、無闇矢鱈にイタチを捕獲することはやめましょう。イタチが発生した時は業者に電話で退治の依頼をすることが大切です。一度電話をすることで業者が住宅にイタチ被害の状況を確かめに来てくれます。イタチの種類や数などを確かめてそれにあった方法で駆除してくれるのです。イタチ駆除を依頼する際は、一度イタチの生態や駆除方法を確かめるのも一つの方法です。駆除にどれだけ時間がかかるのか把握しておくことが大切です。

害獣の特性

calculator

イタチには沢山の種類があります。チョウセンイタチなどは住宅地に発生することもあるため気をつけておきましょう。イタチは日中に行動することもあるため気をつけておきましょう。

詳しくはこちら

害獣を駆除しよう

house

イタチが発生してしまうと騒音などが起こることもあります。イタチは獣臭が強いため、臭いを発生させることもあります。イタチが発生した際はできるだけ退治しておくことが大切です。

詳しくはこちら